sho KOSUDA
photo
archives
> statement

/cv
 
1.
何が最良のイメージであるかを知るために、その可能性を持った被写体を撮影しています。
2.
ある種の写真家がいて、はじめて成立する世界というものがあります。
わたしは、そのような小さなイメージを大切にしたいと考える写真家の一人です。わたしを強く惹き付け、突き動かすのは、いつも世界のごくくだらない細部であることがほとんどであり、そこに存在する ”しみ” こそが、つるつるの世界に立体感を与えてくれる要素であると考えます。
3.
それぞれのイメージや要素を写真としてつなぎ合わせることで、時間や空間といった制約を飛び越えながら、物事を違った視点から示し、写真表現による世界の再定義をしたいと考えます。そして、たとえごく小さなイメージ要素や、たち現れた細部であっても、世界を形作る重要なファクターになりうる事を証明したいと考えます。

2011年6月15日

1.
I want to know what the best images to shoot a subject that might.
2.
The photographer has some things that may appear in the World. I am a photographer in a wish to cherish such a small images.I strongly attract the sting is a very silly little detail of the world is always,and There exists "spots" is what I believe gives us an element of realism to the mellow world's.
3.
Pieced together an image or picture elements, respectively, while jumping over time and space constraints and shows things from different perspectives, we want to redefine the world of photographic expression.And even a very small image elements and even showed us the details, we want to prove can be a critical factor shaping the world. (powerd by "google translate")

June 15, 2011